食いしん坊日記の最近の記事

人参と大根

carrot.jpg 五十肩になってしまい、ピアノも弾けない、プールもまだ駄目、、、
あーあと思って冷蔵庫を眺めたら、人参が10本大根が1本半ありました。最近お料理はほとんどしない。生協からの宅配で野菜が届いて溜まってしまったのね。それで人参や大根料理をトライ。
1、人参のグラッセ 水を入れて鍋で煮るのと、電子レンジでチンするのと二種類やってみました。お砂糖、ブイヨン、お塩、バター、、、せっかくの健康料理なのに、バターとお砂糖が今一つかな、、バターをオリーブオイルにして、砂糖をへらして三温糖にする方がよいかも
2、人参サラダ スライサーで薄切りにしてレンジでチンして、マスタード入りのドレシングであえる。 人参そのものの甘さあっておいしい。
3、人参と大根のサラダ 拍子木に切って薄切りの生姜、米酢と山椒などとで漬け込む。レセピでは花山椒と書いてあったけれど、普通の山椒で代用
4、大根を薄く輪切りにして、シソの葉とつぶした梅干しをはさむ これはナースBナスが美味しいよって教えてくれた。本当に美味しかった!
5、ふろふき大根 結構味噌だれってお砂糖やみりんを入れるのね、、、
6、なます 大根とにんじんを千切りにして、三杯酢であえる

4の大根の梅シソサンドイッチは、家族は感動してました。なますやふろふき大根はさっぱりで滋味という感じ。他のもまあまあ美味しいと言ってもらいました。
あと大根が1/3とにんじんが3本のこっています。きんぴらと大根おろしとあと何にしようかな、、、

compho.jpg

コピスの地下一階に、ベトナム料理のフォーを美味しく頂けるお店があります。

コム・フォー 「Com Pho」 

お米と水で作られる半透明な麺 フォー のお料理です。 スパイシーでとても美味しい。パクチー(香草)などの野菜、ゆずモヤシ、おかきなどが、トッピングとして自由に盛り合わせる事ができます。

鶏ゆず、スパイシー、ゴマ、豆乳グリーンカレー の4種類のフォーが頂戴できます。私の本日のお昼は グリーンカレーのフォーでした。

ウェブサイトは  こちら 

画像はこのお店のパンフレットのものです。美味しそうでしょう?

 

michelbelin1.jpg

ミッシェル・ブランはチョコレートを1粒作るのに、実に48時間の手間暇をかけて手作業で作り出す!! 

 今月始めに帰郷した折、名古屋駅の高島屋で、ミッシェル・ブランというショコラティエのケーキとマカロンを購入しました。ものすごく美味しい。

 素材の一つ一つがそれぞれの味をしっかり主張しているのに、それが一つのお菓子のなかで、ハーモニーを紡ぎ出す。

 どちらかというとほんわりパステルカラー調の味がするお菓子が多い中で、繊細なのに強い、それぞれ主張しているのに調和している って、なんというショコラティエなんでしょう!!

 もうびっくり

 

michelbelin2.jpg
 時間がなくて買い損ね、うっかりチョコレートを食べる機会を失ってしまった。無理をお願いして、名古屋から知人に特別に送って貰いました。

 左はショコラヴィネア

 ワインに使われる葡萄、シャルドネ、ピノ・ノワール、メルロ、カベルネ・ソービニョンを原料に用いたショコラです。ショコラは、口のなかで繊細に溶け出し、香りが音楽の楽章のように移り変わってゆきます。果実と洋酒、ナッツのハーモニー。お食事で料理に合わせてワインを変えるように、ショコラがメロディを奏でます。

 こんなに贅沢なショコラ、なかなか出会えないですよね。東京では買えない、残念だなって思っていたら、ラッキーなことに新宿高島屋で2月3日から11階の催事場で、バレンタインセールで販売するのだそうだ。

そうしたら私も誰かにミッシェル・ブランを贈らなくちゃ。自分でこっそり食べてしまうってのもアリかもしれません。

F1000019.jpg 11月の雨は、なんだか底冷えするようで、メランコリックになります。こういう時期になると、スープやお鍋が美味しい

 じゃがいも、キノコ類、にんじん、大根、キャベツ、白菜、牛蒡、蒟蒻などそろえておけば、暖かい野菜で身体を温めることができます。

 味付けはお醤油にしようかな、お味噌かな、味がいいかな。タンパク質はお魚(アラが美味しい)、それとも豚汁?、鶏肉?骨付き肉があったかしら?ソーセージもおいしそう。気分次第でバターやオリーブオイルで炒めたあと、洋風のスープにして。

 エスニック風の辛み があるとさぞかし身体が温まりそう。残念ながらスパイスの香りが苦手な人がいるので、わたくしのレパートリーには入っていない。

 吉祥寺菊屋さんで買った ほうろう鍋がたっぷりとした汁物の調理にとても便利です。また、肉まんを蒸したり、煮物、ジャムを作ったり、パスタをゆでたり、秋からずっと活躍しています。

 ほうれん草をお鍋に放した瞬間、色がとてもきれい。いつものコンパクトカメラが故障中で、携帯で思わずパチリ。お鍋の内側のに、ほうれん草のやシイタケの茶色、ジャガイモのクリーム色、にんじんの紅色が映え、湯気が暖かみを伝えています(ちょっと苦しい言い訳ですね)。

追記 身体を温める食材でネギや生姜をよく使います。その他に唐辛子がありますよ。Kナースの書いてくれた薬膳の記事は こちら

pan1.jpg
pan2.jpg

 初夏になれば、イチゴ、ルバーブ、甘夏などなどジャム作りに忙しい。この2年くらいは、イチゴのジャムは作っていませんけれど。

 家にあるホーロー鍋で前回出来た甘夏のマーマレードは瓶で3個だけ。少しずつ作るのは楽しい作業だけれど、面倒くさい。

 鍋を買わなくちゃ クリニックはとっても暇だったので(この時期って毎年暇なのよねーー。つぶれちゃうのでは無いかと不安ーー) 昼休みにホーロー鍋を探しに出かけました。本当はペクチンも欲しかったのですが、そちらは見つからず。

 それで、時々お世話になる吉祥寺菊屋さんに出かけた。 出かけたお店はこちら。  吉祥寺駅北口からダイヤ街を東急デパート方向にむかって左手のお店、よくお皿や鍋などを買いに行きます。 ブログを書くために検索してこんなにたくさんの支店があるような店だと、初めて知りました。

 可愛いでしょ? 27cmとわたくしのニーズにぴったり。パスタやそばやうどんもゆでられるし、煮物もok。これで甘夏10個分のマーマレードが出来るはずーー。 しかも、下1/3のところに蒸し器になるようなプレートが付けられる。 プリンでも茶碗蒸しでもこれでok。いままで蒸し器は簡易蒸し器を使っていて不便でした。

 これで菊屋さんで、5,250円。

 わたくしは買い物は大の苦手で、大体見て歩くのも好きでありません。お買い物のとても好きな筑田Dr.とは正反対です。それなのに今日はウキウキしてクリニックに帰って来て、スタッフに自慢してしまいました。

orange1.JPG

  鴨川の古家に甘夏の木があります。

 18年くらい前になるのか、甘夏の木を植えてもらいました。木は背丈も4mくらいになって、たくさん実をつけてくれます。

 今年はマーマレードを作ろうと思い、30個くらいもいで参りました。幸い無農薬(無肥料!!)です。 今晩は比較的早く帰宅したので、頑張ってジャム作りーー。食いしん坊ですからね。

 料理を始めるとついワインやビールに手が伸びてしまいます。ジャム作りの時は煮詰めてゆくのに少々時間がかかります。灰汁をある程度取ってしまうと、少し目が離せます。それで酔っ払っちゃって鍋ごと焦がしてしまったことが何回かーー。あー情けない。

本日は10分毎にタイマーをかけておいたので、少々ワインを頂いていたのに、焦がすことなく瓶にマーマレードは納まりました。

さて、レセピです。かなり適当なので悪しからず

1、甘夏6個を亀の子タワシでこすって、よく汚れを取る

2、3個分の皮をむいて刻む。切った皮を水につけ、灰汁をのぞく。しっかり揉み洗いをして水をこまめに変えれば、苦味は減ります。苦味を全くなくしたければいちどゆでこぼすと良いらしい。(私はビターオレンジ!!って感じが好きなので、適当に洗っただけ。ちょっと切れ端を味見して苦味を調整。)

3、刻んだ皮に6個分の薄皮を除いた実、またはジュースを加え、砂糖を適宜いれて煮る。今回は皮を使った3個はちゃんと薄皮を剥いたけれど、あとの3個は面倒になったので、レモン絞りでジュースを取りました。皮をとっちゃうとレモン絞りは使いにくいですものね。ぺクチンを加えるかどうかは好みでーー。

4、保存瓶は、これまた手抜き消毒。瓶の底に少々水を入れ、しっかり煮沸するくらいまで電子レンジで加熱して、水をきる。蓋は熱湯消毒。電子レンジで瓶を割らないようにね!!

5、熱いうちに瓶にいれて、蓋をする。

fujifromkichijoji.jpg

 今日は秋晴れ。富士山がよく見えました。

 カメラマンとして失格、本当は5合目くらいまで雪で覆われてもっときれいでした。少々シャッターチャンスは逃してしまい、逆光の富士山です。

 この写真は吉祥寺の東急デパート9Fのピッツェリア・ラ・コロンナ・サバティーニからの撮影です。私のお気に入りのレストラン。なかなか行けないーー。

 昼間からワインが飲めるなんて、滅多にないのでちょっと嬉しいーー。美味しいワイン、美味しい料理。たまーになので、きっと余計に嬉しいのですね。

 

sabatini.jpg

 吉祥寺のサバティーニは、こちら

 カジュアルに美味しい食事がいただけます。いつもお世話になるサバティーニのスタッフの方とDr.筑田です。(ドレスアップしなくても、入れます。ちょっと申し訳ないけれど。本日は、化粧は一応していた。ということは時々スッピン)

 メロンと生ハム。サバティーニのハムはとても美味しい。ハムの香りがちゃんとあると、とても嬉しくなります。最近では日本でもベーコンなど美味しい味を作る職人の方がおいでです。でもなかなか生ハムのあの香りは得られない。気候と微生物が違うのでしょう。 

 小粒のイチジクと合わせるとこれまた秋の味です。なかなかこのイチジクをタイミングよく頂戴するのは難しい。残念ながら本日もなかったーー。

 パスタはカルチョーフィ。アザミです。少々塩が効いて美味しい

 メインの鶏は、放して育てた鳥。味わいがあって付け合わせのピーマンとともにいただきました。

食後酒にグラッパ。少々甘めにカクテルにしてくださって、香りは高くて美味しくてーー。いつもご馳走になりましてありがとうございます。

iwashi.jpg

 PCにつなぐケーブルを探しましたので、先日のイワシの生姜煮の画像をお見せします。

 白髪ネギが髪の毛ほどに細くなくて、少々恥ずかしい。

 青魚の栄養学的な話は、筑田Dr.にお願いしましょう 

 

 

wine1.JPG

 ところで5月に 長野県のワインでお気に入り があるとご紹介したことがあります。こちら

 アルプスワイン松本平ブラッククイーンは塩尻の醸造元で作られているワインです。これが、どこかで評判になったらしく、手に入らなくなってしまいました。 ひょっとして、みんな美夏DR.の胃で吸収されてしまい、脂に変わってしまったのかーー。まさかね。

 ネットで探しまわっても見つからないということは、ある意味長野のワインが認められたってことですよね。

 フレーフレー 長野県

 フレーフレー 長野県のワイン 

 松本で医学を学んだわたくしとしては、そのくらいのエールを贈らなくちゃ。

 それで本日もこのアルプスのブラッククィーンで、すでに美夏Dr.は酔っ払っちゃいました。あと残りの本数を数えるのが怖いーー。 

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.5

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち食いしん坊日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美夏Dr.の更年期です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。